不覚にもカスタムキャストに夢中になってしまう

先日リリースされたアプリ

「カスタムキャスト」をご存知でしょうか。

 

10月3日から配信されているアプリなのですが、

ドワンゴS-courtが共同で開発した、

 3D美少女が簡単に作れる

そしてその作ったキャラクターを使って、Vtuberとして配信できるアプリです。

 

iPhone XiPhone XsiPhone Xs Maxでは

フェイストラッキングとARに、
その他のiPhoneAndroidでは簡単なフェイストラッキングができる、

とのこと。

 

フェイストラッキングってあれですよね、

自分表情と連携させてキャラクターを喋らせることができるやつ(曖昧)

す、すごくね?

いつの間にそんな時代になったの?

 

でも、今の所配信ができるのはニコニコ動画だけみたいです。

そこが味噌ですかね〜。

 

customcast.jp


 

流行りのものに乗っかる時もある

基本流行りものは好きではない私ですが、アニメ、オタク界隈は別のようです。

 

Twitterでたくさんの人が自分が作ったキャラを投稿し、

話題になっていました。私もタイムラインで見て気になっていたので、

早速インストールしてみました。

 

 

で、やってみる 。ぽちぽち…

これ、やばい

 

キャラ作るだけで楽しい。

ハマってしまう。というかハマった。

 

自分で好きなキャラクターを作るのって、めちゃめちゃ楽しい!!!

 

 

わい、何故かけいおんのキャラを作る

試しに、けいおん!

放課後ティータイム

平沢唯秋山澪田井中律琴吹紬中野梓の5人(に似せたキャラ)

を作ってみました

 

スクリーンショット

f:id:ichikanoblog:20181006230850p:plain

唯ちゃん

 

f:id:ichikanoblog:20181006230837p:plain

りっちゃん

 

f:id:ichikanoblog:20181006230906p:plain

澪ちゃん メイドバージョン

 

f:id:ichikanoblog:20181006230818p:plain

むぎちゃん

 

f:id:ichikanoblog:20181006230759p:plain

あずにゃん 日焼けバージョン

 

 

か…かわいい!!

 

 

これ、全て無課金でできる範囲でやったものです!!

髪型、服装全く同じにすることはできませんね。

やはり、オリジナルキャラをつくつアプリなので、特定のキャラクターを作るのは限界があるようです。

服装以外の見た目はかなり自由度が高いように思いました。

 

 

自由にカスタマイズ。時間を忘れる

髪型だけでも、

前髪、後ろ髪、サイドの髪、触覚の種類が何種類もあります。

組み合わせることで好きな髪型がほぼ自由に作れます。

前髪だけでも約50種類ありました。

 

また、デザインを決めた後に髪の量や長さも細かく調整もできます。

 

例えばあずにゃんツインテールの位置ですが、

デフォルトだともう少し高い位置に付いていたので、

より本物に近づけるために耳の上くらいまで下げています。

 

 

こんな風に自由度が高いのが魅力です。

 

 

さらに、瞳は、顔の中でも一番印象に残る大事な部分ですが、

デザインがかなり豊富です。

目の編集シーンのスクショです。

f:id:ichikanoblog:20181006235045p:plain

 目の位置、大きさが変更できる。縦横幅などが変更可能

 

f:id:ichikanoblog:20181006235825p:plain

こっちの方が似ていたと今気がつく↑

 

 

f:id:ichikanoblog:20181006235840p:plain

瞳の種類も多い。猫目にもできる。

 

f:id:ichikanoblog:20181006235810p:plain

こんなキラキラお目目にもできる。

 

その他、タレ目、つり目、アダルトな顔など様々なお顔を作ることができます。

 

 

 

黒子、そばかすなどオプションもたくさんありますよ。

身長や脚の長さ、太さ、胸やお尻の大きさ、ウエストや肩幅の調整なんかもできます。

 

 

こんなに自由にキャラを作れるアプリってい今まであったのかなぁ?

私が知らないだけできっとあったんでしょう。

 

しかもそれでVtuberとして配信できるんですって。

 

すごい時代になったものですね。

  

デッサン人形としても? 

私、趣味でたまにイラストを描くのですが、

このカスタムキャスト、立ちポーズは種類が多く、アイレベルの位置も自由に変えられます。

遠くから見たり、近づいたりできます。

 

煽り、俯瞰のポーズの参考にもなりそうだと思いました。

 

スカートの中、上から見るか、下から見るか。

ということもできます。

 

スカートの中はスパッツを履いていたよ。

 

 

ちょっとした暇つぶしのつもりでやってみたのですが、1〜2時間余裕で時間が潰せます。これは危険。

ブログ記事を書くのそっちのけで夢中になってしまいました。

 

難点は、電池の消耗が激しいことですかね。

 

本当に暇なときにでもまた可愛いオリジナルキャラでも作ってみようかと思います。

すぐ飽きそうな予感もするけれど。

 

ではまた。