【ドラマ感想文】「大恋愛〜僕を忘れる君と」第1話ネタバレ【ムロツヨシ】

 

10/12より、TBS金曜夜10時から放送中!戸田恵梨香主演のドラマ、

「大恋愛〜僕を忘れる君と」

のネタバレと、感想文を書いていくよ

 

たまたま観た戸田恵梨香主演の金曜ドラマが面白そうだったので。

 

出演者

  • 主人公・北澤尚(きたざわ なお)を演じるのは戸田恵梨香。
  • 尚の大恋愛の相手?はムロツヨシ演じる間宮真司(まみやしんじ)。
  • 尚の婚約者、井原侑市(いはらゆういち)役はTOKIOの松岡昌宏。

 

スタッフ

脚本:大石静

音楽:河野伸

主題歌:back number「オールドファッション」

 

第1話のストーリーとネタバレ

尚と侑市の出会い、婚約まで。

主人公、尚は母、北澤薫(草刈民代)と同じクリニックで働く婦人科医。

2013年2月、尚と侑市はお見合いで出会う。

侑市はワシントンでアルツハイマー病の研究をする医師である。

2人は、お互い結婚に対する意識や合理的なところが似ていることに気がつき、

惹かれ合う。出会ってから2ヶ月後には婚約の話がまとまった。

5月、式まであと1ヶ月。

尚は式の準備に追われていた。

侑市の母がデザインしたドレスの試着をして、準備は順調に進んでいた。

尚は母と2人で住んでいたが、

結婚のために新居へ引っ越すことに。

 

尚とある1人の男の出会い

ある日、部屋の上の住人の水道トラブルが起きてしまい、本棚の本が濡れてしまう。

引越し業者の男がダンボールを引き取りに尚の部屋に。

男は手際よくトラブルを解決してくれた。

無事にトラブルも落ち着き、尚は引越し業者の男にお礼をしたいと食事に誘う。

男は、尚が婚約していることを知っていたため、はじめは断ったが、尚は強引に食事に誘った。

男は断りきれずに食事に付き合うことに。

 

尚が好きな小説と、男シンジ

尚には、ある一節を暗記するほどのお気に入りの小説があった。

「砂にまみれたアンジェリカ」だ。著者は間宮真司。

その小説がどれほど好きか、どれほど素晴らしいか熱弁する尚。

2人はとても楽しい時間を過ごし、別れ際にお互いの連絡先を交換する。

尚のスマホに男の名が「シンジ」と登録された。

数日後、尚はシンジに「またご飯に行こう」と連絡をする。

シンジは、尚が婚約者なので誘われても前向きな返事はしなかった。

「この前の店で待ってる」とだけ尚は送る。

待ち合わせにシンジは来なかった。尚は1人で食事を済ませ店を出ると、店の外にシンジがいた。

 

店の前まで来ておきながら、どうして中に入って来なかったのか問い詰める尚。

シンジはその返事をはっきりとは言わない。

男の正体は間宮真司

店から帰る途中、尚はそこで、この男が憧れの小説を書いた男『間宮真司』だと知る。

憧れの作家を目の前にして尚はとても嬉しそうだ。

2人は、生い立ちや幼少期の思い出など、朝方まで夢中になっておしゃべりした。

仕事があるといって真司は帰ってしまう。

自宅に戻りそっと部屋に入る尚だったが、

もう直ぐ結婚を控えている娘が朝帰りしたことを母はよく思わない。

尚の気持ちは止まらない。

仕事の昼休み。

友人でもある受付スタッフ沢田柚香(黒川智花)に相談する尚。

柚香はここ数日尚の様子がおかしいことに気がついていた。

運命の出会いをした事をと柚香に話す尚。

話をする内に尚も自分の気持ちに気がついて、夜に真司の職場で待ち伏せする。

食事に誘われついて行く真司と、そこで暗に自分の気持ちを伝える尚。

結婚の準備が着々と進んでいるが、自分はそれでも真司と居たいと。

尚は覚悟を決めたと真司に告げ、2人は、真司の家で一夜を過ごした。

男と会っていることが薫にバレてしまい、尚の携帯電話を没収する。

 

婚約を解消したいと侑市に伝える尚

母が止めるのも聞かずに尚は自分の意見を通し、ワシントンにいる侑市に

「好きな人ができた。婚約を解消してほしい」と電話で告げる。

侑市は「会ってから話そう」と尚に伝え、日本に一旦帰国することにした。

そこへ尚の母が現れ、2人の電話を割って入る。

尚は自分の携帯電話を奪い返しクリニックから走って出て行ってしまう。

真司のアパート。

合鍵を作った事を忘れて、尚は階段に座って真司の帰りを待っていた。

尚は今日も泊まるつもりだったが、

それに対し真司は、

「一緒にいたらお互いに他のことが考えられないから、今日は帰ったほうがいい」

と尚に伝える。尚はそれを素直に聞き入れ、今日は帰るから明日もまた来ると言った。

尚の事故と、帰って来た婚約者

次の日、真司は押し入れにしまっていた古いノートパソコンを起動。

Windows98だ。

仕事が終わった尚は直後、自転車と衝突事故にあってしまう。

遅くになっても家に来ない尚を心配する真司。

救急で病院に運ばれた尚は検査を受け、問題がない事を伝えられる。

帰り際、荷物を返してもらったところで真司との約束を思い出し、

走って真司の家へ向かう尚。

ここで主題歌、back numberの「オールドファッション」が流れる。

ちょうどすれ違いで侑市が予定より早く帰国。

尚が救急で運ばれた病院は、侑市の職場だった。

同僚が急患のMRIを見ているところに入って来た侑市は、

その画像を見て、もしかしてこの患者は「MCI(軽度認知障害)」

ではないかと予測。

その画像が、自分の婚約者のものであることに気がつく。

終わり。

 

感想

いやぁ、今更第一話の感想ですわ。大得意の、「今更」。

無駄に長くなってしまい、自分でも読みにくいと思うんですが、まだこういう記事を書くのに慣れていないので、

今後もっと読みやすく、かつ内容にあまり触れない記事を書いてい来たいと思います。

これ、私たまたま真司と尚が夜明けまで語るシーンから終わりまで

リアルタイムで観ていたのですが、

ひたすらに戸田恵梨香が綺麗。それに尽きる。

あとは、侑市役の松岡が演技がどうしても癖があって好きに慣れないのと、

ムロツヨシの普段のバラエティなどで見せるキャラがちらついて、真面目に観ることができない。

黒酢ドリンク、合鍵の場面など、ちょいちょい戸田恵梨香がアルツイマーの

症状が出始めているという

演出が出て来ますね。

ストーリーはまぁまぁ面白そうだし、

主題歌はback numberだし、録画して気が向いたときに観るか、

という程度ですね。