人嫌いの話(店員と話したくない病)

私は対面で店員から商品を買う店が非常に苦手である。

例えば。

「コスメカウンター」(脳内でキラキラしたBGMを流してほしい)

 

大の苦手である。

そもそも。

あの異様に身なりに気をつけて香水臭い化粧品売り場もあまり好きではない

(でも化粧品は好き)し、

「店員が話しかけてくる」のもとても苦手だし、

「店員が『こちらもオススメですぅ〜』」

とかなんとか言って勧めてくるのも苦手だ。

断れないから。後本当にどうでもいい。

正直に「興味ないんで」と言えたらどんなに楽か。

 

なので最近の買い物はもっぱらネットで済ますようになってしまった。

非常に便利な世の中になった

 

うちはガチの山奥なので、届くまでに数日かかってしまうが、

それでも良いのだ。

店員と顔を合わせるくらいなら遅く届くくらい構わない

 

次に苦手なのが電気屋

一番近いとある電気屋に限るのだが、とにかく汚い店員が多い。

 

「おっさんの悪いところ」全て詰め込んだような店員しかいない

 

おまけに品揃えが悪い(これは田舎だからしょうがないのかもしれない)

スペックの低いパソコンが高額で販売されているし、いいところが1つもない。

 

コンビニの店員も苦手である。

コンビニには料金の支払いなどで寄る機会が少なくないので、せめておばさん店員だったら特に何も感じないのだが。

一番印象に残っている最低な思い出がある。

あるロー○ンで

男性のレジでは買いにくいものを購入した時のこと。

男性しかレジにいなかったので仕方なく商品をレジへ。

金髪の背が高いひょろっとした若い男の店員。

声も張りがなく小さい。お礼も言わない。態度が悪い。何を言っているか聞き取れない。

おまけに。

物が物だったのに、それを白いビニール袋に入れて寄越したのである。

普通は茶色い封筒か黒かシルバーのレジ袋に入れなければいけないやつである。

 

この店はどんな教育しているんだ、と。

こいつがレジにいるときはもう物は買わない、

とぷんすこ。

 

別の日、

「この前の店員ムカついたから別の店にしよう」

と思って別のロー○ンに寄った。

 

そしたら奴がいたのである

「あぁ〜」

心から落胆する私

しょうがないから普通に買い物をして帰ったが、

数ヶ月経った今でも鮮明に思い出すことができるほどに印象に残っている

 

 

だが、この話を友人にしたところ

「コンビニの店員にそこまで求めてはダメだよ」

と言われた。続いて、

「彼らはめちゃくちゃ優秀。コンビニの店員は仕事量も多いし、

レジで買い物するだけなんだからそこまで気にしちゃダメ」

とのこと。

なるほど一理ある。

 

私が気にしすぎなだけなのだ。

 

ちなみに

コンビニの店員でもあたりもいる。

そんな当たりの中の当たり、

大当たり〜(脳内で湯婆婆の声で再生してください)がいた。

「杉山紀彰様に似た声の主」に出会ったことがあり、

しかもめちゃくちゃ丁寧な対応をしてくれて、

耳が癒された。

いろんな人がいるよね

 

1人が一番楽…

店員にさえ気を揉むなんて。

もうどこにもいけない。

お嫁にいけない。いろんな意味で。

お嫁にしなさいっ!