【ドラマ感想文】獣になれない私たち第7話感想【朱利ちゃん大活躍?】

ドラマ感想

こんばんは。今日は録画機器が信用できないのでリアタイでみますた。

恒星と晶がバーにいるシーンから。

先週の、「悪いお金」を説明している恒星

獣になれない私たち 第七話感想

恒星と晶、

どちらも本音で相手にぶつかってこれなかった結果がこうなんじゃないって指摘する恒星。

 

京也は晶と仲直りするつもりみたいね。

 

朱利散らかった部屋で腹の音。

「一緒に餓死しようと思ったのに」って。

なんてこというんだこの女。

ウサギに罪はないぞ!ヽ(`Д´#)ノ

 

佐久間さん、さすが私の佐久間さん。

オアシス。常識人。癒される。至極真っ当。上司にしたい。

 

呉羽、自由でいいよね〜晶にぎゅ〜って。可愛い2人。

 

晶が帰宅するとそこには怪しいピンクの女朱利が座っていた。

朱利は晶にお金を返して地べたで寝ようとする!変質者か!

「仕事は1人でするものじゃない、チームでするものだ」

 

恒星が「自分が一番不幸だと思ってるでしょ?不幸の背比べは楽しいですか」

って朱利に言ったら

朱利切れて恒星にビールをぶっかける。

5tapで恒星はいろいろダメージ負うね〜

 

「働いてるアピール」とは。朱利ひねくれすぎ。

晶と朱利、2人で本音で話すシーン、結構好き。

 

晶は京也の実家へ。

千春の覚悟と、気持ちを代弁する晶。

京也と話す晶

「好きだった」って。別れ話?晶は本音を京也に伝え、自分の発した言葉の重みが肩から降りたように、ほっとため息をつく。

京也は何も言わない…。なんか言えよ!

京谷「俺住んでたマンションをさ」って言いかけたところに

千春がやってきて京谷伝えたいことを言えず。

 

そういやって京谷はいつもタイミングが悪いんだな〜あちゃ〜。

朱利は「ツクモクリエイトジャパン」に応募!

「11月末」

晶のアパートの更新日。恒星の書類の提出日。さてまた物語が展開していく予感!

来週も楽しみです!

 

来週の予告(偽装)

朱利です!今週は、私が大活躍の話だったね!(^_−)−☆晶ちゃんとのシーンはなかなか良かったでしょ?

あんなにピンクが似合う人もなかなかいないでしょ?

さて、来週は、

『朱利、再就職』

『恒星、兄貴みつける』

『晶、更新どうする』

の三本です

来週もまた見てね!じゃ〜んけ〜んぽん!

うふふふふ