【FGO日記其の六】Lostbelt No.3人智統合真国 SIN 紅の月下美人 第13節 ネタバレと感想

FGO

【FGO日記其の六】Lostbelt No.3人智統合真国 SIN 紅の月下美人 第13節  魔王の肖像 ネタバレと感想

やぁ!

16節の項羽と虞美人が倒せなくて必死になりすぎて2〜3日更新が止まっていたよ!

やっと先に進んだので13節の気になったところと感想ざっくり書いていこうと思うよ!

前回の感想はこちら

caution!この記事はネタバレ&脚色と偏見が含まれるので苦手な方は気をつけて!!

項羽と虞美人。虞美人の服えっちすぎでは。

項羽と虞美人。

虞美人は始皇帝に自分を研究させ秘密を全て明かす代わりに項羽のそばにいたいと願った。

紀元前210年から現在に至るまで虞美人は項羽を求めて孤独に生きてきたのだった。

2200年。

偽りの「芥ヒナコという人物」を作りカルデアに侵入し、秦の異聞帯に潜り込み、

やっと願いが叶えられた今。

虞美人が「項羽」と呼ぶその機体の正体は

この異聞帯では「会稽零式」と呼ばれている。

会稽零式には、周囲の環境すべてを分析し短期間の未来を先読みする能力が備わっている。

いろいろと虞美人が汎人類史における項羽の歴史を説明する。(端折りすぎ)

とってもかっこいい『多多益善号(ドゥオドゥオイーシャン号)』

今回のおふざけほのぼのシーン

\パンパカパーン!!/(かっこいい音楽)

朕「『多多益善号(ドゥオドゥオイーシャン号)』である!!かっこいいだろう!

残忍無比 量産中」

韓信「スゲーナ!」

衛士長「スゴイデス!」

秦良玉ちゃん「(そうかなぁ…)」

朕「秦良玉、これでカルデアどもを駆逐するべし。お前がリーダーだ」

ちょっと嫌そうな顔

韓信氏、ニッコニコである。

打倒カルデア、と乗り込んでいった結果。

『多多益善号(ドゥオドゥオイーシャン号)』を見たカルデア側の皆さんの反応

『多多益善号(ドゥオドゥオイーシャン号)』とバトル!

なぜかバトルの際流れていたのは浜辺とか水着イベントの時によく流れた楽しそうなBGM。

実に和やかである。

バトル後

はい、弱かったです、数は多かったが。

秦良玉ちゃん、朕に報告「ダメダメです」

韓信「ガーン」

朕「次期増産分は朕が自ら遠隔操作するぞ!」

韓信・衛士長「心強いでゴザル!!」

秦良玉ちゃん「(そうかなぁ…)」

秦良玉ちゃんはまともである。

ホームズとダヴィンチは、次に虞美人と対戦するときは空想樹に近づいたそのときである可能性が高いという。

と話していると傀儡兵が襲ってきた。

みんな疲れが見え始めたころだったが、

モードレットと哪吒が計画通りに村人を安全なところに匿ってきてくれ、合流。

哪吒「あとは始皇帝、倒すだけ」

赤兎馬と陳宮が自己紹介。

所長の解毒は済んだが、マスターの治療がまだ済んでないことも報告。

モードレット「なんで女狐(コヤンスカヤ)がいるんだよ」

 

結界が壊れそう。カルデア一行どうする?荊軻さん何かしてる

咸陽に近づいてきたが、迷彩デバイスの結界が危うい。

どのみち居場所がバレたとしても軌道爆撃は都にまで危険が及ぶため、

今後はしてこないだろう、と予想し一気に咸陽へ攻め込む作戦!

とここで荊軻がなにやら企んでいる様子。

どうやら荊軻は1人で始皇帝に挑む気らしい

フォウさんも心配。

荊軻さんが心配だけど、止めても聞かないのわかっている

荊軻さん、かっこいいです!!!

とここで遂に。

迷彩デバイスが壊れる。

ゴルドルフ所長の足によって。

電池が危うかったが、壊れた原因はそれではなく

所長の足が配線に引っかかったからである。

言い訳がましいぞ!(かわいいから許す)

荊軻さんとは一旦別れる。気をつけて!

項羽と虞美人の関係

その頃咸陽では。

項羽が、未来を予測していた。

「咸陽は終わる」と。

この世界そのものが消失するかのように…。

(カルデア軍が空想樹の切除に成功する未来が見えると言うことだと思う私。)

ここ、秦での項羽は評価されているが、

汎人類史では…逆。「悪鬼羅刹」「残虐非道」と言われた。

虞美人「あなたの行動を理解したものは誰1人としていなかった。」

項羽「汝こそが私の理解者でなくてなんだと言うのか。」

虞美人「…項羽様…!!!!」ここでいい感じの音楽が流れる。

項羽はこのとき虞美人こそが、同じ境遇であったと気がついた。

誰1人味方も理解者もいない、恐怖され忌み嫌われた人物が自分の他にもう1人いたこと

それこそが虞美人であったと、

ゆえに虞美人は項羽を求めた。

2200年という年月を超えても

( ;∀;)イイハナシダナー

13節終わり。

13節感想まとめ

私不勉強なんでこの詩を知らなかったのですが、

これ垓下の歌ってやつらしいです

項羽が虞美人に贈ったものだそう。

「騅(馬)さえ動かなくなってしまった。私にどうすることができようか。

自分が死んで居なくなってしまったら後に残さなければならない、

虞よ、汝になにができるというのか。」

的な意味だそうです

切ないなー

いや〜、歴史もっとちゃんと勉強しておけばもっとFGOも楽しめたといつも思うんだけれど。

多多益善号(ドゥオドゥオイーシャン号)のところは面白かった。

みんなノリノリ。

つづきの第14節の感想はこちら

FGO
スポンサーリンク
森川いちかをフォローする
がんばってひっきこもろ〜